ビールの豆知識

ビールの豆知識

各社のビール工場で試飲を楽しむ

日本には大手のビールメーカーが数社あります。そして、各社とも、一般消費者が工場を見学できるようにしています。工場見学に参加すると、製法や原料選びに関して各社がそれぞれのこだわりを持っていることが理解できます。また、そのような工場見学を一通り終えると、見学の最後には試飲の時間が設けられているのが一般的です。通常は、無料でこれを楽しめます。そして、この試飲の時間には、その工場でできたビールを味わえるだけでなく、家庭に戻ってから、普通の缶ビールをどのようにコップ(ジョッキ)に注ぐとおいしく飲めるか、その方法を実演により教えてもらうこともできます。この「おいしい注ぎ方」というものにも、各社にはそれぞれ違いがあるので、試飲の時間にはそうした点に着目してみるのも興味深いことでしょう。 ところで、こうした試飲も楽しみなビール工場見学ですが、見学を希望する場合には、電話やインターネットなどで事前予約しておくのが賢明です。というのも、最近はこうした工場見学の人気が高まっている一方、各社とも経費削減などの理由から見学可能な工場を減らしつつあるため、工場に行ってもすでに定員がいっぱいになって見学ができないという可能性もあるからです。

ビールと試飲について

ビールの試飲で有名な場所といえば、見学可能な工場です。工場見学では、原料となるホップに実際に触れてみたり、普段はなかなか見る事が出来ない製造ラインを見学しながら、出来るまでの工程の説明を受けていく事になります。そして工程の見学が終わると、ビールの場合、3杯程度の試飲をさせて貰う事が出来ます。飲み終わったらおかわりという形で、最も多くて3杯という形になっており、その時の気分に合わせて飲む事が可能となっています。お酒を飲めない人の場合は、ソフトドリンク等が用意されており、お酒を飲めない人や、子供連れでも楽しく見学をする事が出来るようになっています。見学は無料となっていますが、事前に予約が必要になっている事が殆どです。当日予約の場合、電話等で確認しておくと良いでしょう。工場まで運転手が必要な場合は、バスツアー等に参加してみる事がお勧めです。バスツアーであれば、運転の心配がなく安心してお酒も飲む事が出来ます。

おすすめWEBサイト



最終更新日:2019/12/12

ビールの製造方法

 

ビールの色々な使用方法

 

試飲も可能なビール工場見学

 

ビールの味わいを決める原料、麦芽とは

 

各社のビール工場で試飲を楽しむ

 

お問い合わせ