ビールの豆知識

ビールの豆知識

ビールの味わいを決める原料、麦芽とは

ビールの原料は国により違いますが、日本においては酒税法によって基本的に麦芽・ホップ・水、そして副原料として米・とうもろこし・スターチ(でんぷん)・糖類などが使用可能となっています。これらは缶や瓶のラベルなどに表示されているので、何が原料になっているのか確認することが出来ます。 原料の中でもビール特有のものの一つに麦芽があります。穀粒の大きさ・形状の均一さ大粒さ、穀皮の薄さ、でんぷん量の多さ、たんぱく量の適正さ、発芽力の均一さ・旺盛さ、麦芽にした際の酵素力の強さ、糖化への容易性、エキスの発酵性の良さなどにより、主として二条大麦から作られます。 二条大麦は日本各地でも栽培されていますが、現在使用されているものの多くは品質や価格によりオーストラリア・カナダ・ヨーロッパからの輸入ものが主となっています。
麦芽100%やそれを多く使ったビールは香味が濃くなり、米・コーンなどの副原料を加えると日本人好みのすっきりした味わいとなります。

麦芽が主原料の1つであるビール

ビールの原料は、主に次の3つです。すなわち、水と麦芽とホップです。本場ドイツには、この作り方を定めた法律が古くから存在してきました。それによると、前述の3種類の原料以外のものを混ぜて作った飲料はビールとは認められません。とはいえ、世界中には、その国の人が飲みやすいよう、何らかの副原料が混ぜてあるものも少なくありません。日本の場合も同様で、米などの副原料が広く使用されています。また、日本の場合は、製法や主たる原料の使用量などにより、「発泡酒」や「新ジャンル」と呼ばれる飲料も存在します。 なお、ビールに麦芽が使用されるのは、その糖質原料となるデンプンがこの製造に必要であるからです。したがって、この必要が満たされていれば麦芽以外の原料でもよいのですが、古くから「おいしいビール」を作るには大麦の麦芽が欠かせないものとされてきました。そのため、どのメーカーも、こうした原料選びには自社のこだわりを持っています。

Valuable information



Last update:2019/7/12

ビールの製造方法

 

ビールの色々な使用方法

 

試飲も可能なビール工場見学

 

ビールの味わいを決める原料、麦芽とは

 

各社のビール工場で試飲を楽しむ

 

お問い合わせ