ビールの豆知識

ビールの豆知識

ビールの製造方法

ビールと聞くと日本人の多くがラガーという種類しかイメージできません。しかしビールは製造方法によって3つの種類があります。上面発酵によって作られたものをエールと呼びます。上面発酵とは短時間で炭酸ガスを放出させて、酵母が上面で層を作るように浮かぶ製法です。かつてはビールと言えばエールと結び付けられるほど一般的な種類です。泡が少なく旨みやコクがあるのが特徴で、昔はお茶の代わりにもなりました。現在主流になっているラガーは下面発酵によって作られます。ラガーは低温で長時間かけて発酵させるため、酵母は沈殿します。ラガーができた頃は、ドイツのバイエルン地方の人だけが作っていたローカルな扱いでした。秋に洞窟内で氷と一緒に保存すると、春には完成します。冷蔵庫が普及するとラガーを1年中作ることができるようになり、美しい金色にも人気があったので世界中の人が愛飲しています。現在はエールやラガーのように酵母を使って発酵させますが、酵母が発見される前は酵母を用いない自然発酵しかありませんでした。ベルギーの伝統的な製法で、ランビックと呼ばれます。製造中に一緒に乳酸も発酵するので自然発酵のビールには独特の風味があります。

ビールとはどんなもの?

ビールとは、ほかのアルコール飲料に比べると、比較的にアルコール度数が低く、水代わりに飲まれていたワインに次ぐ古い大衆酒で、漢字で麦酒と書くとおり、麦芽から造る醸造酒です。
水や麦芽などのデンプン源、ビール酵母、ホップなどの香辛料主原料とし、そして、製麦・焙燥・仕込・発酵・熟成・ろ過・殺菌という工程を経てビールとなり完成します。香辛料として使われるホップは、苦味を生み出す原料となりこの苦味成分により、雑菌などの繁殖を防ぐ効果と泡を安定させる作用を持っているので、風味付けとしてにはほとんど使われてます。
酵母の違いによりエールとラガーの2種類に分類されてます。
ラガーは、15度以下の低温で発酵しすっきりとした味わいで日本のメーカーではラガーが主となってます。エールは、ラガーよりも高温で発酵しフルーティな香りでイギリスやベルギーで好まれ、冷やさずに飲んでます。
生ビールは、発酵したあとの酵母を取り除く加熱処理をしてない状態のもの言い、加熱に変えろ過により酵母を取り除いてます。
美味しく飲む秘訣は、泡には炭酸ガスを出さないようにする役割があるので、夏は6度から8度、冬は8度から10度で、泡を先に飲まないようにすることが重要です。


pickup




実績のあるレンジフード交換業者です


レンジフードの交換のノウハウがあります


Last update:2020/4/10

ビールの製造方法

 

ビールの色々な使用方法

 

試飲も可能なビール工場見学

 

ビールの味わいを決める原料、麦芽とは

 

各社のビール工場で試飲を楽しむ

 

お問い合わせ